ボーカルオーディションで夢を叶える!合格するための作戦

女の人

数と質の両方重視

ステージ

着実にオーディションに進む

一昔前までは、声優はお茶の間にはめったに姿を見せない謎めいた存在でした。しかし、近年になってから、俳優も兼任している人も登場したことで、どんな仕事をしているのかが明らかになり始めてきています。しかも、アニメやバラエティ番組などのナレーション以外にも、動画共有サイトなどで声優だけのロケ番組をおこなっています。また、CDデビューを果たして音楽活動までもやっている人物もいます。幅広く活躍の場を広げてきている声優に憧れてオーディションを受けているという人もいるでしょう。また、アニメ鑑賞が好きでそのような仕事について見たいという希望を抱く人も中にはいます。ですが、その道は狭く厳しいものであるのは間違いありません。当然たくさんの希望者が存在しているので、倍率は正直が高いのが予想されます。初心者だと、オーディション事態に参加できるかどうかも難しいことも考えられます。もしくは、失敗して落とされるかも知れません。そこで、初心者が陥りがちな失敗も紹介しつつ、合格する確率が高まる練習方法を紹介します。

声の演技を増やすため

ただ単に台詞よみの練習だけをして落とされてしまうという経験をしたことがある人もいるでしょう。声優になるためには、ただ単に台詞の音読をするだけでは効果がありません。量だけでなく質も重視すべきです。練習の際には、発音は勿論ですがイントネーションや滑舌なども意識しながら練習するのが効果的です。また、いろいろなアニメシーンをイメージしながら練習を繰り返すのも効果的です。意識して繰り返せば、様々な役柄のオーディションに受かりやすくなる確率が高まります。